Be Donated

Goal

500,000 Yen

Supporters

Finish Date

Oct / 31 / 2018

Donate
with Bitcoin
with BitcoinCash

戦地の若者に平和のための教育カリキュラムを提供し、世界平和を実現したい。

エドテックグローバルさんの活動においては、以前、ヨルダン(シリア難民の方)、ルワンダのプロジェクトでもご協力をさせて頂きました。世界中から合計で8BTC分の寄付が集まりました。そのプロジェクトの講師を務めた方から聞いたのですが、授業の最後の日に生徒にピッチをしてもらって「貴方ならこのテクノロジーでどのようなプロジェクトをしますか?」というタイトルでピッチをしてもらったところ「僕の知り合いが臓器売買をされている。それをブロックチェーンを使って阻止するようなことはできないかを考えたい。」「いまは寄付してくれた人のおかげで授業を受けているけど、ICOなど自分たちで資金調達をできるチャンスがあれば、次の世代の教育は、自分たちが事業として自立していきたい。」など様々な意見が出てきたそうです。私も、間接的ではありますが、KIZUNAというプラットフォームを用意する事で、世界中の方から寄付をいただき、教育の手助けになった事を光栄に思っています。ボスニア、バングラディシュなどに活動範囲を広げられるとの事なので、今回も是非、応援したいと思っています。

はじめに ~戦地の子どもたちのロールモデルである日本~

image

今も空爆が続くシリアでは、銃弾を逃れて洞窟内に仮置きされた”教室”の中に、
戦後の日本で青空教室で学ぶ人たちのポスターが張られており、
「自分たちだって復興できる」と鼓舞する言葉が書かれています。

image


実際にシリアで拡散されている写真

戦後復興を経験した私たちにこそ、世界平和のためにできることがあります。 応援のほど、宜しくお願いします!

クラウドファンディング概要
~戦地の学生が社会課題解決を実現するための教育プログラムを刷新したい~

エドテックグローバルは、2015年9月に有志により結成され、ルワンダ・ヨルダン・ボスニアヘルツェゴビナ・バングラディシュ(ロヒンギャ対象、今後実施予定)で教育活動を行なって参りました。 *団体の設立理由、各国の活動、全体カリキュラムの詳細については、活動報告をご覧ください

image

image

2018年~活動を展開予定のバングラディシュにて、ミャンマーから逃れてきたロヒンギャの子どもたち 

2年間の活動中、60人以上の生徒と交流する中で、気付いたことがあります。 戦地の学生たちは皆、悲劇を繰り返さないためにも、
少しでも社会の課題を解決したいという強い思いを持っているということです。

image

image

image

しかし、そのような思いがあるにも関わらず 実際には「社会的なプロジェクトを実際に立ち上げる」生徒は現れませんでした。

私たちは、現地の大学と慎重に協議を重ね、この理由を以下のように定義。

image

これを克服するため、カリキュラムを刷新することを決意しました。 これまでプロボノで有志でカリキュラムを作成しておりましたが、専門家の監修を受け、最新の知見を取り込んだプログラムを作ることといたしました。 (現在のカリキュラム)

image

(刷新後のカリキュラム)

image

新カリキュラムでは、エドテックグローバルの伴走のもと座学⇔フィールドワークを繰り返しながら
実際のプロジェクト立ち上げで必要となる


  1. 課題の現状認識

  2. マイルストーン作成や資金管理などのプロジェクト進行に必要なスキル

を学びます。

また、現地NPOの訪問を通じて、社会課題解決のために活動するロールモデルと出会うことで、
生徒にリーダーとして活躍する姿を膨らませてもらい、プロジェクトの立ち上げをサポートします。

私たちはここまで、現地の学生に無償で教育を届けるため、全ての活動をボランティアにて運営して参りました。

しかし、カリキュラム刷新・学校の継続的な運営には渡航費や印刷代など最低限の費用がかかってしまいます。 「戦後・荒野から復興を果たした日本」をロールモデルとして勉強に励む戦地の学生に無償で教育を提供するため、皆様からご支援賜ることはできませんでしょうか。 応援のほど、よろしくお願いします!

【代表挨拶:エドテックグローバルをはじめた理由】
~既存の仕組みに負けずに活躍できる人材を育成したい~

・私の原体験
エドテックグローバル代表理事の金野索一です。

image

私がこの事業をはじめたのは、2つの原体験がきっかけです。

小学生の頃、東京出身の父の転勤で、食料自給率1000%以上の日本一の農業地帯・十勝での農村生活と、東京の都市生活の両方を体験し、食料・エネルギーを地方に依存する大都市・東京の実体を知りました。また中学・高校の一部は、岩手県で過ごし、過去より冷害、津波等に苦しんできた東北・三陸の貧しい農漁村を目の当たりにし、高校の先輩でもある宮澤賢治の言葉「世界がぜんたい幸福にならないうちは個人の幸福はあり得ない」のリアリティを痛感しました。

私はこの小中高の周りの環境や体験から、戦死や餓死のない世界を創る。またその原因となっている資源・エネルギー・食料等の奪い合いのない社会を作りたいと思うようになりました。

しかし、私に限らず、世界中のほとんどの人が、戦争と飢餓のない世界を望んでいると思います。でも、戦争も飢餓もなくならないのはなぜでしょう。 私はこの理由の一つに 「『戦争』や『飢餓』が存在していても困らない先進国の人々が世界を動かして いるからだ」と考えています。

image

食糧配給に並ぶ難民たち。2017年1月、ベオグラードにて

ではもし、戦争や貧困が無くならないと困る人たちが世界リーダーとなることができたら? 世の中は、少なからず変わるかもしれません。 これが「戦争・飢餓の原体験を持つ青少年から世界リーダーを育成する」エドテックグローバルスクールを設立した理由です。 戦地の若者たちは、戦後復興を果たし先進国となった日本をモデルとして、日々奮闘しています。宗教に中立的で、有色人種で唯一のサミットのメンバーである私たち日本人にこそできることがたくさんあります! 応援のほど、宜しくお願い致します。

【一分でわかるエドテックグローバルのプロジェクト】


image

image

スポンサー

Copyright © 2017 kizuna All Rights Reserved.